医学部受験の予備校をお探しの方へ

学校案内

医学部予備校アイメディカは学校教育と医学部受験生の指導に携わってきた講師により設立されました。

これまでの経験を通し、大規模予備校ではかなえることのできないきめ細かい指導をしたい、との思いから設立した予備校です。

「少人数制クラス」「個々の能力・個性に即した柔軟な学習計画」「1人で解けるまで徹底指導」を行い、生徒の可能性を最大限に広げることが出来ています。おかげで、たくさんの生徒さまに、医学部に合格していただくことができました。心より感謝申し上げます。

保護者のみなさまへ

医学部受験を目指す学生様の保護者の皆さま、医学部予備校アイメディカをご検討いただきありがとうございます。

昨今の日本の現状に鑑みて、どんな職業を自分の子どもに選択させるべきか、そのための情報の提供や教育 をどうすべきか、すべての親御様の共通の悩みです。

医学部をお考えの皆様は悩み多きことと拝察申し上げます。

医学科人気は、2011・2012年度入試で急増。2013年度はセンター試験の難化により一旦減少しましたが、 2014年度は再び増加に転じ、上昇傾向にありました。 2015年度入試は、国公立大医学科の前期日程志願者数は920人減の18,999人(前年比95%)と減少し、倍率 (志願/合格)は5.4→5.1倍へと若干下降しました。 後期日程の志願者数は、1,539人減の11,047人(前年比88%)と減少し、倍率(志願/合格)は 19.2→17.4倍へと下降しました。

入学定員は、私立大医学科全体で41名の増員となりました。2015年度入試の募集人員(推薦・AO入試を 除く)は、一般方式が30名増の2,458名(前年比101%)、センター方式が1名減の338名(前年比100%) と、一般方式の募集人員が増加しました。 志願者数は一般入試(一般方式とセンター方式)全体で前年比100%の前年並みと、国公立大とは異なる結 果となりました。入試方式別に見ると、一般方式が前年比102%、センター方式が同91%とセンター方式が 減少しており、倍率(志願/合格)は一般方式が18.8→18.4倍、センター方式が23.8→21.9倍となりました。 国立私立とも難関であることに変わりはありません。

皆さまのお子様たちにはこの医学部人気に振り回されずにしっかりと将来を考え、選択し、前進していただ きたいと考えております。 私ども医学部予備校アイメディカには、受験のノウハウの伝授だけでなく、皆さまの進路の選択、そしてそ の決定、医系学部への進学を確実にするための一助となる準備がございます。 これまでの経験を通し、大規模予備校ではかなえることのできないきめ細かい指導をしたい、との思いから 設立した予備校なのです。 「少人数制クラス」といいながら、実際には一人ひとりの生徒の状況を把握できないというようなことはあ りません。 「個々の能力・個性に即した柔軟な学習計画」を立て、Plan-Do-Seeサイクルで、個々の学習進度と深度を 確認しながら授業を進めていきます。そして、「1人で解けるまで徹底指導」という「こだわり」を守り続け る。それが、合格率の高さへと導いていくのだと自負しております。

皆さま方がお求めの情報やサポートは何なのかを私どもは常に考えて参りますので、皆さま方におかれまし ては、不足のところがございましたら、お教えいただけれると幸いです。 また、当予備校では、中心となる学習面や一次試験・二次試験の指導はもちろん、生活面・精神面でのサ ポートをも充実させていく所存でございます。ご希望・ご相談等がございましたら何なりと、お申し付けく ださい。 親御様と御本人、そして私ども医学部予備校アイメディカとで、皆が満足する選択と進学を勝ち取って参り ましょう。

                                                                        医学部予備校アイメディカ代表  佐野祐子

お申し込み・お問い合わせフォーム