医学部受験の予備校をお探しの方へ

英語科

山本義正 先生

山本義正先生120

丁寧に英語の成績を伸ばしてくださる先生。超ベテラン講師。長年の医学部入試研究によって作られたテキストは医学部合格へのパスポート。

英語の勉強は、まずは長文読解から。最初 は時間を気にしないで、誤読せずに深く読み込むことを心がける。誤読を防ぐには文法の知識と語彙力が必要で、深く読むには最後に全文を要約する作業を自ら に課すとよい。読み込めてないと、要約は書けない。文法力と語彙力がついてきた時に、次のステップとして、読むスピードをあげる方向へと舵を切る。タイ マーで時間を測りながら、一つの長文の設問を解き、要約を仕上げるまでの総時間を記録する。設問の正答率が6割を超えていることを前提に、この記録の作業 を継続して行き、意識して解答時間を可能な限りスピードアップするように心がける。この作業を入試本番まで継続する。入試本番では、長文以外の設問は可能 な限り速く解き、長文にじっくり思考できる時間を確保することも重要である。そのためには、長文読解の訓練と並行して、文法問題を速く解く訓練、語彙を常に増やし続ける訓練が不可欠である。

小松 浩之 先生

slide0017_image181

英語は数学や理科に比べ、得点に波がありません。 当たりはずれがあまりなく、勉強した分だけ得点できるようになります。 単語・熟語・語法、覚えるべきことはたくさんあります。 1つ1つしっかり頑張っていきましょう!努力はあなたを裏切りません!

澤田千恵子先生

slide0018_image189

受験まで時間がない中で最速に英語力をつける方法は、複数の分野の問題を同時に、量を多めにこなしてもらうことだ、と長年教えてきて実感しています。 英語力はどんな方法でもつきますが、一つの方法にこだわると時間がかかってしまいます。 理解して、記憶して、かつ速く問題が解けるようになるため、カリキュラムにそって勉強しましょう。 気づいたら読めてる!となりますよ。

西巻 直樹 先生

DSC00304-1024x768

経験と実績。読解を担当します。授業に使う教材は、数年以内の入試問題を編纂したものです。受験生が間違いそうな箇所に下線を引き、和訳の問題として提示。こだわったのは修飾語句(M)です。具体的に言うと、前置詞句、現在分詞、過去分詞、不定詞、関係詞、接続詞で、これらを見抜くことで文型がはっきりと見えてきます。その後、比較と特殊構文を扱い、読解の基礎力の完成です。2学期には過去問を解き、即戦力を養います。ところで、疎かにしがちなのが教材に出てくる語句や構文などです。これらは確実に覚える必要があります。そこで、語句・構文などの小テストを毎回課します。これらの適正な消化が「私大医学部の語法重視の英語」の重要な対策になります。

安田 智子 先生

slide0018_image195

やさしけど しっかり教えて下さるアイメディカ唯一の癒しの先生
河合塾や医学部専門予備校を経て現在に至る。長年の医学部入試研究によって作られたテキストは医学部合格へのパスポート。 私立全医学部のデータと、生徒1人1人の学力・性格等を基に作成される受験作戦(学習計画)により、世に多数の医者の卵を輩出してきた。 その腕は業界トップレベルであり、他者の追随を許さない。 医学部受験予備校aimedica代表。

堀江 聡 先生

slide0018_image198

語学の天才「語学を通して、世界という大きな書物をみる。僕はそうやってきました。 20ヵ国語以上に手を出し、まあ読めるというレヴェルになったのは半分ですが、英語の難所を乗り切るコツは、 皆さんに伝えられると信じています。医学用語にはラテン語、ギリシア語起源のものも多いですが、そこはお任せください。」

佐野 祐子 先生

slide0017_image179

河合塾や医学部専門予備校を経て現在に至る。長年の医学部入試研究によって作られたテキストは医学部合格へのパスポート。 私立全医学部のデータと、生徒1人1人の学力・性格等を基に作成される受験作戦(学習計画)により、世に多数の医者の卵を輩出してきた。 その腕は業界トップレベルであり、他者の追随を許さない。 医学部受験予備校aimedica代表。

お申し込み・お問い合わせフォーム