医学部受験の予備校をお探しの方へ

よくあるご質問(FAQ)

【学校システムについて】

A:3つの大きな違いがあります。 最終合格に達するため、本番で解答できる実力を確実に養います。 無駄な時間を費やすことなく、弱点を徹底して克服し、自分の力で完全答案を作るトレーニングを積み重ねます。入塾時に無選抜でこのアイメディカの医学部進学率は受験生本人と講師の努力の結晶です。 二つ目の違いは、毎日4時からの夜間授業を実施していること。先生が常に待機し、あなたと共に最大限の学習効果を引き出します。 三つ目として、少人数できめ細かい指導を徹底しています。最強の講師陣がチームを組んで、あなたをプロデュース!結果を出せなかった塾で我慢せず、予備校生活最後の1年はアイメディカにお任せください。 さらに詳しくは、「アイメディカの特長」をご覧ください。

A:授業終了後・土日も質問OK!アイメディカでは週6日、朝9時から夜9時まで講師が待機し、いつでも自由に質問できます。 日曜日も個別に質問に応じる体制をとっているので安心。特に夜間のワークタイムでは、必ず講師が常駐し、どんな質問にも応えられる体制を用意しています。 もちろん、あなたが1人で学習に集中したいときは、講師も静かに待機。受講生が各自のペースで勉強できる環境を備えています。

A:RWTでは、演習・応用・発展を講師主導で行います。夜間学習は夕方4時から夜9時まで、毎授業後に行います。 この時間は4ステップで進められます。 その日の講義内容の理解度をプリントでチェック。 発展問題に取り組む その教科の他分野の問題を演習 1~3の結果をもとに自習。わからない点を講師に質問する。範囲終了後は過去問や予想問題を大量に演習します。 この4ステップでその日の内容を完全にマスターし、応用・発展問題に取り組む力をつけます。 RWTの間は講師がずっと付き添い、質問に対応しますので、各自のペースで効率よく密度の高い学習ができます。

A:コース生用の個別指導では、講師と1対1で不得意や遅れを補完できます。 個別指導は、教科間で得意・不得意がある方、途中参加の方を対象に行うもので、原則として受講生の要望に応じて行います。 個別指導の担当は専門教科のプロ講師となります。 アイメディカのシステムであれば、少人数制クラスによる講義とRWTだけで十分な学習効果を得られます。 また、コースではなく全部または一部が個別指導からなるカリキュラムも作成できます。個別指導について、さらに詳しくは「医学部受験予備校アイメディカの個別指導」をご覧ください。

A:15年以上医系指導を行ってきたベテランプロ講師がそろっています。 講師1人ひとりが、数多くの学生を各国公立・私立医学部へ送り出してきた経験を積んでいます。 各講師の学歴や経歴、教え子たちの進学先につきましては、事務局にお問い合わせください。 講師について、さらに詳しくは「科目・講師紹介」をご覧ください。

A:特に夏期講習で集中的に行います。 体験学習、実践的な面接練習、週1本以上の小論文指導など、多彩なプログラムを用意し、受講生のメンタルやバックグラウンドに合わせて、個別に組み立てた内容を夏以降に集中して行います。

このページの先頭へ

【入学について】

A:選抜試験はございません。入学時に現在の学習進度を測り、カリキュラムをつくるためのテストはありますが、大手予備校のような振り分けのためのテストではありません。また、模試の結果などで受験を省略することもできます。無選抜でありながら、全員医学部進学を果たせたのは、受験生本人のやる気と講師の力です。

A:高校生の方も入塾いただけます。 親御様、ご本人と面談にて方針を決めます。推薦入試やセンター出願にトライするか否か、どのような大学をターゲットにするかなどについて伺います。 次に、現状と学校のカリキュラムを伺い方針を決めます。どんな時間に予備校に来校できるかも大事です。それに基づき、クラス授業が良いのか、個別授業が良いのか、クラスと個別の併用が良いのか、予算を含めてご相談の上、カリキュラムを決めます。2週間くらい経過した後、カリキュラムの調整をしていきます。高校生は受験に費やすことのできる時間が少ないため、もっとも効率的で効果のあるカリキュラムで学習すべきです。 もちろん推薦対策や2次対策もカリキュラムの中に組み込みますので、ご安心ください。

A:もちろん入学できます。 アイメディカでは、受講生個々の実力・状況に合わせて、コースを完全にカスタマイズすることが出来ます。 指導にあたる講師陣は、実力、実績とも最強の布陣で臨み、最短で医学部入試を突破できる力をつけます。 また、何よりあなたのヤル気でブランクもカバーできるはずです。

A:もちろん可能です。貴方だけに最強のカリキュラムをご用意いたします。個別指導コースがあります。プロ講師一丸となってサポートしていきます。二次対策もカリキュラムをに組み込み、医学部進学までしっかり応援いたします。自習室が長時間自由に利用可能です。

このページの先頭へ

【学費について】

A:下記の方法等で一定の基準を上まわる実力をお持ちの方には入学金等の免除等があります。 1.アイメディカ選抜試験受験で基準点以上の得点。 2.医学部一次試験の合格経験がある方。 3.1,2と同等の実力を証明できる方。 入学の際、ご相談ください。

A:まずは、今の状況を教えてください。 個々の状況を鑑み、ご相談に応じる準備が出来ています。何より再スタートをなるべく早く切りましょう!「お問い合わせ」からご連絡ください。

このページの先頭へ

【学習について】

A:授業や参考書を理解することはとても大切です。しかしそれだけで十分とはいえません。実際に問題がとけるようになるにはたくさんの演習(練習)が必要です。スピードも必要です。 これはホームランの打ち方を本で読んだり、人から聞いたりしてもすぐには打てないのと同様です。 コーチに練習を見てもらい、効率的に練習することが重要です。 夜間学習では演習を優秀なコーチを付けてガッツリ行います。 そのことで無駄をなくし、独りよがりも矯正します。 学力をつけたうえで、個々人の個性に基づき、各校の傾向に合わせた戦略をたて、合格への戦術を教えます。 合格の鍵は学力+作戦です。

A:大丈夫です。 アイメディカの理数系中心コースは、受講生個々の実力に合わせた理数系の授業を用意します。 合格に最短のカリキュラムをあなたの現状に合わせて用意しますから医学部入試を突破できる理系の力をつけることができます。

A:はい、できます。 例えば、エッセンス(自主独立)コースでは、得意な教科やすでに習得している内容に時間を費やすことなく 個別授業でウィークポイントの克服などに力を注ぎ、無駄なく実力アップさせるという方法です。また、学費も節約できます。まずはご相談下さい。

A:まず、1次に合格できたあなたには、講義の内容を理解する力があります。しかし、完全答案には一歩及ばなかったということです。 なぜならば、講義を理解することと、完全答案が書けることは全く違うからです。 もう1年同じ予備校に行っても、おそらく同じ結果しか得られないでしょう。 もう一歩及ばなかったのはなぜか、また何が不足していたのかを知り、そのウィークポイントを徹底的に解消していく必要があります。 アイメディカでは、各教科講師陣によるチームで、受講生一人一人の現在の力を分析し、カリキュラムを作成。これをもとにミーティングを重ね、確実に実力をつける学習プランを作成します。 これにより、短い時間内で確実に力を伸ばすのがアイメディカのシステムなのです。 この1年をアイメディカのシステムに賭けてみませんか? 学生の声もご覧下さい。

A:得意な科目は他の科目に振り替え可能 生物か物理を選択し、どちらかの授業に出てください。 得意な科目があれば、苦手な科目の個別授業に振り替えることもできます。 アイメディカのコースはお仕着せではなく、あなたの得意・不得意、希望に合わせてフレキシブルに変更できることが特徴です。

A:これまでと同じ勉強を続けていては難しいでしょう。最終合格に必要なのは、出題されたことに対応できる本物の力です。ただし大手でよくある難しすぎる問題を受験生の実力を無視して演習するのは無駄です。 そのために、アイメディカでは少人数制を徹底。受講生1人ひとりの理解の度合いを講師が見極め、指導を行います。講師は常に出題された問題を研究し過不足なくそれをあなたに伝えていきます。 まずは少人数制授業で学習内容を確実に理解し、毎日のRWTで実践演習を積み重ねましょう。 アイメディカでは他の予備校のような一方的な講義で無駄な時間を押し付けるようなことはありません。 限られた時間を受講生1人ひとりに必要な学習を的確に割り振り、効率よく学習効果をあげていきます。

このページの先頭へ

【環境・サポートについて】

A:もちろん個別に丁寧に指導いたします。 アイメディカでは願書の入手方法や書き方、写真撮影、提出スケジュールまで、一人ひとりに丁寧に指導します。

A:代表が親身になってサポートします。 アイメディカの代表は女性です。女性の立場、視点で女子学生が遭遇しやすいトラブルを未然に防ぐことができますのご安心ください。 もちろん男子学生にも適切なサポートができる体制をととのえていますので、男子にも女子にも優しく、安全な学習環境です。

A:いつでも面談できます。 基本的に保護者面談は年2回(7月、11月)設けています。 それ以外でも随時、面談時間を設けますので、ご希望の際はお気軽にご相談ください。 「アイメディカの特長」のページもご覧下さい。

A:渋谷駅東口から徒歩2分のところにあります。 駅から近く、学習に集中できる静かな環境です。ビルの下の階にはコンビニエンスストアがあり、周辺には手頃なレストランが多く、うまく気分転換をしながら勉強に取り組めます。

A:最適の住まいを紹介できます。 学習に集中できる環境、万全のセキュリティを備えた寮やマンションを、ご希望に応じてご紹介します。食事についてもご用意ができます。 初めての独り暮らしでもご安心ください。詳しくは「学生寮のご案内」をご覧ください。 また、アイメディカの全講師がチームを組み、1人ひとりの健康やメンタル、生活を丁寧にサポートできる体制を用意しています。

このページの先頭へ

【医学部受験について】

A:医学部に合格するためには、様々な対策が必要になります。こちらでは、医学部を受験するためにやっておきたい対策や取り組みについて、いくつか挙げてみたいと思います。
志望校を絞る
医学部受験に大切になってくるのが、志望校選びです。できるだけ早い段階で志望校を絞っておくことで、志望校に合わせた受験対策ができます。まずは、医学部がある大学から資料を取り寄せて、大学の特徴や教育内容、施設や環境、卒業後の進路状況などを調べるといいでしょう。オープンキャンパスがあればできるだけ参加して、学校の雰囲気を少しでも知っておくといいでしょう。また、自分の学力で入れるかどうかも、志望校選びで重要なポイントになるでしょう。
睡眠時間をきちんととる
医学部合格を目指すためには、日頃の勉強が欠かせません。しかし、毎日睡眠を削って勉強していてはどうでしょうか。睡眠不足が続いてしまうと、疲れがたまってきて集中力や理解力がなくなってしまいます。時間をかけて勉強しても、集中力がないため理解することができずに成果を出すことができなくなります。睡眠をしっかりとり、生活リズムを整え、受験勉強に取り組むことが重要です。勉強に集中できる環境を整える 日々勉強をする習慣をつけるためには、勉強が続けられる環境が必要です。一人で集中して勉強できれば問題ないのですが、難しい受験ほど周囲のサポートが必要になります。勉強の進捗状況を確認してくれる方や理解不足な点を指摘してくれる人がいると、凄く助かるのではないでしょうか。また、同じように医学部合格を目指す仲間がいると、精神的な励みにもなります。そのためには、自宅で一人もくもくと勉強するよりは、予備校に通う方が効率的です。 渋谷にあるアイメディカは、国公立や私立の医学部を目指す受験生のための予備校となっております。生徒一人ひとりに合わせた細かい指導を行い、医学部合格を目指していきます。経験が豊富な講師が指導しますので、安心していただけます。これから医学部を目指すなら、アイメディカで勉強しませんか。

A:少子化の影響で、大学を受験する学生の数は減ってきているといわれています。しかし、そのような中でも医学部を目指す受験生の数は増加しています。 経済不況の影響もあります。 現在の日本の経済事情に不安を覚えて医学部受験をする人が少なくありません。経済が不況に陥っても、医師という職業は経済的にも社会的地位も安定していると考えられています。最難関資格の一つである医師免許を持っていると就職に対する不安が少なくなるでしょう。実際に一度社会に出てからの自分の待遇に納得がいかず、医学部に再受験するという人も増えています。医療を身近に感じることが多くなった 高齢社会となった現在、祖父母や両親など身近に医療問題が発生したという人は増えているのではないでしょうか。祖父母や両親、兄弟など身近な人が苦しんでいると手助けをしたくなるものです。医学に関する知識がなかったことで、選択肢が狭まれたりするなど悔しい思いをして医学部を目指したという人もいらっしゃいます。また、身近で医療現場を体験する機会があり、医師という職業に親近感を持ち医師を目指すこともあります。周りに薦められたから 親が医師だったから、成績が良かったから周りに薦められたことがきっかけで医学部を目指す人もいらっしゃいます。それがきっかけで人の命について考えるようになり、救いたいという志を持つようになることもあります。医師である親が子供にも医師になってほしいと願うことは多いようです。このような理由から医学部を目指す人が多いと考えられます。医学部受験はとても難しいものです。現役で受かる人もいますが、1浪2浪は珍しくありません。効率よく受験合格するには、受験対策や情報収集、分析などを行って対策をすることが重要です。アイメディカでは、医学部受験生を最短で医学部合格に導くことを目的としている予備校です。長年、医学部受験生の指導に携わってきた経験豊富な講師によるサポートにて個別指導、授業を行います。医学部への受験をお考えでしたら、アイメディカで学んでみてはいかがですか。

A:医者を目指している方にとって、最初の難関ともいえる「医学部受験」。中には、毎日何十時間と机に向かい、寝る間も惜しんで勉強に取り組んでいる方もいらっしゃるでしょう。しかし、人間の集中力には限界があります。いくら、勉強時間が長いとはいえ、集中力が切れている状態では頭に入らず、効率が悪くなってしまいます。そこで、より学習能力を高めるために知ってほしいことが「勉強をする時間帯」です。これから受験勉強に取り組む、もしくは医学部受験を目前に控えている方は、ぜひご覧ください。朝の勉強法 朝は、1日の中でも最も頭が冴える「勉強のゴールデンタイム」といわれています。その理由は脳の働きにあります。脳には、ドーパミンやアドレナリンという集中力ややる気を生み出す脳内物質があり、最も多く分泌されるのが朝の時間帯になります。また、朝起きて活動を始めた脳は、余計な情報が入っていないため、記憶しやすい状態です。前日の復習を行うのにも適し、数学や英語などの勉強に取り組むことにも適しています。さらに、朝勉強に励むことで、脳のエンジンがフル回転して、より効率良く学習できます。夜の勉強法 夜は、1日に勉強した内容を再び見直す「復習の時間」に充てることをおすすめします。朝と比較して、頭の回転が鈍くなりがちなので、学んだことを声に出して読み返す作業や書き取りの作業に充てると良いでしょう。中には、「朝より夜に勉強をしたほうがはかどる!」という方もいます。その日の体調や自分の生活スタイルに合わせて取り組みながら、効率良く勉強に励むことが「医学部合格」への第一歩を踏み出すことができます。医学部予備校をお探しの方は、アイメディカにお問い合わせください。生徒一人ひとりに合わせた個別指導を行っておりますので、確実に合格への道を歩むことができます。医学部受験情報についても、詳しくご案内しているので、ご検討中の方はお気軽にお問い合わせください。

A:難易度の序列はありますが、どの医学部を受験するにしても非常に難関な壁であることには変わりありません。受験勉強をする際には、目標の大学の医学部を合格できるように、常にレベルの高い競争の中にいる危機感を持つことが大切です。そこでこちらでは、医学部を受験するにあたり心がけてほしいことについてご紹介いたします。医学部を目指す目的を明確にする 受験に取り組むためには、なぜ自分はこの大学の医学部を目指しているのか明確にしておくことが重要です。将来医者になりたい、高収入を見込める職に就きたいといった夢を持った方もいらっしゃいますが、もっと細かく明確にしておくと勉強を継続するモチベーションに繋がるはずです。具体的に目標の大学の医学部に通い、医師になって活躍するビジョンをイメージしておくのも良い心がけです。ミスをプラスに考える 誰にでもミスはあります。しかし、そのミスをきちんと受け止めて、なぜ点数が悪かったのかなどの原因を追求し、同じミスがないように対策を考えましょう。また、ミスは疲れているときや急いだ結果など、様々な要因で起こります。そのミスをプラスと捉え、対策・改善を図ることにより、自身の成長へと繋げていくことができます。全ての教科に取り組む 医学部を受験するには、文系や理系だけでなく豊富な知識や学力が必要となってきます。そのため、苦手な科目だけを集中して行うのもよくありませんし、ましてや得意な科目ばかりに取り組むのもいけません。自身の学力を把握した上で、周到な受験計画を立て、計画に沿った試験勉強をバランスよく進めていくことが大切です。また、本番さながらの緊張感を持って模擬試験を数回受け、実践に慣れておくのも大事なポイントになります。 アイメディカでも医学部合格を目指している受験生たちを徹底的にサポートしております。一人ひとりに合ったカリキュラムを立てて、個々の学習進度を確認しながら最高の環境で取り組んでおりますので、驚異の合格率を誇っています。

A:大学入学後に待ち受ける国家試験などの辛さを考えても、医学部受験というのは超難関受験となります。そのため、勉強時間と比較して学力向上が伴っていかないと感じ「スランプ」に陥る受験生も多いです。

しかし医学部合格を目指すためには、そのスランプを克服しなければなりません。そこでこちらでは、スランプの克服方法についてご紹介いたします。

苦手科目は焦らずに 苦手科目というのは、望んだ結果が出るまでに時間を要します。そのため、結果がなかなか出ないからと諦めてはいけません。苦手科目の場合は高得点を狙うのではなく、合格点を目標設定にすると気持ち的に楽になります。その合格点を目指し、じっくり焦らずにコツコツ問題を解いていきましょう。努力(勉強)は裏切りません 1日に多くの時間を費やし勉強をしているのに、模擬試験の結果が期待した結果を得られなかったことはよくあります。しかし、そこで悲観的になってはいけません。学力は、その結果が実力に反映されるまで少し時間差があります。したがって、しっかりと努力、つまり勉強に取り組んでいれば結果は後々ついてきますから、模擬試験だけの結果に惑わされず、自分のペース・歩みで勉強していきましょう。

合格体験記を見聞きする

受験勉強のスランプを克服するためには合格体験記を見聞きすることも非常に重要となります。特に模擬試験の判定が悪かったにも関わらず逆転で合格した人の体験記というのは、モチベーションアップには非常に有効的と言えます。
また予備校では、合格した先輩からの話を聞いたりできる機会もありますので、ぜひ合格体験記は見聞きするようにしましょう。 医学部受験はこうしたスランプ克服方法を身につけておくことも重要となりますので、自分が「スランプかな?」と感じた際には、ぜひ医学部合格のイメージをしっかりと描くようにしましょう。

準備はしっかり
受験生は勉強中心の生活になるため、勉強以外のことがおろそかになりがちです。受験というのは、勉強以外にも気をつけなければならないことがたくさんあります。勉強とは関係のない部分で受験に失敗してしまわないように、勉強以外のこともきちんと準備しておきましょう。
食事
勉強には集中力と体力が必要になります。長時間の勉強に耐えられる体力と高い集中力をつけるためには、栄養バランスのとれた食事が大切です。朝食は脳の栄養となるブドウ糖を摂取するために、ご飯やパンなどの炭水化物中心のメニューがおすすめです。脂質が多い食事は消化に時間がかかり、消化器官に負担がかかるため摂り過ぎは良くありません。受験前はなるべく野菜中心で消化しやすい食事を心がけましょう。
会場の下見をする
受験対策がしっかりできていても、会場に到着できなければ不合格になってしまいます。試験会場までの経路を確認し、実際に自分の足で会場へ行って下見をしましょう。このとき、家から会場まで何分かかるのか、何時何分の電車に乗れば良いのかをチェックしておきましょう。会場までの移動時間を把握しておけば、当日は余裕を持って会場入りすることができます。また、試験の直前は緊張して体調が悪くなる可能性があるため、トイレの場所を確認することも大切です。ニュースをチェックする 悪天候で交通機関に乱れが出ることがあります。ニュースで試験当日の天気をチェックして、電車やバスが遅れる可能性がある場合は、2~3本前の出発時刻を調べておきましょう。また、何かトラブルがあったときのために他の交通手段がないか調べておきましょう。天気の他にも、インフルエンザやノロウイルスのニュースにも目を通しておいてください。受験シーズンはインフルエンザやノロウイルスが流行する時期でもあります。警報が出ている場合はウイルス対策を徹底し、受験に挑みましょう。

このページの先頭へ

お申し込み・お問い合わせフォーム