医学部受験の予備校をお探しの方へ

2014年度 学生の声

2014年の医学部受験予備校アイメディカで栄冠を勝ち取った生徒たちの声です!

4か月で合格

日本医科大学・昭和大学医学部・北里大学医学部・藤田保健衛生大学医学部合格のA・Iさん

私が医学部進学を決意したのは高校3年生の夏でした。しかし当時の私は医学部入試の厳しさを知らず、勉強する習慣すらなかったため現役、1浪と1校も合格を勝ちとることができませんでした。2浪目の途中までは実家がある地方の予備校に通っていましたが、母の勧めで2浪目の秋にアイメディカに通い始めました。

アイメディカでは平常授業に参加しながら苦手な教科や分野を個別授業で補強するというスタイルで勉強していました。平常授業、個別授業を通して感じたことは、アイメディカでは今自分に何が足りておらず何を勉強するべきかが明確に分かるということです。先生との距離が近いので自分の弱点がわかりやすく、すぐさまそこを補強できたことが少ない時間でも効率良く勉強できた理由だと思います。
個別授業では最初は数学のみでしたが受験直前には生物、化学、英語と全て受けました。
特に苦手だった数学は遅い時期からではありましたが金田先生と基礎から学び直しました。先生は私立医学部入試の数学について知り尽くしていて一つの問題に対しても複数の解法で答えを導き、パターン別解法など引き出しを増やしてくださいました。また苦手な単元に関しては個人的に特訓プリントを作ってくださり、それが私自身のモチベーションにもつながり、嫌いだった数学にも積極的に向き合えました。

また生物に関しては三宅先生、杉下先生に非常にお世話になりました。直前期のみの個別授業でしたが、苦手だった考察問題への解法を納得いくまで何度も説明してくださいました。両先生方の授業もユニークで分かりやすく毎回楽しみでした。

アイメディカでは勉強面だけでなく精神面でもサポートしていただけたことは私にとって非常に心強かったです。正直アイメディカに来た当初は2浪目でしかも受験まで4ヶ月しかないことや、また私は地方出身者で都会の生活に慣れないことなど不安要素も多く本当に合格できるのか半信半疑でした。しかし、通い始めた当初から多くの先生方が勉強面及び日常生活の細かな所まで気を配ってくださり、また私自身も何か不安なことや疑問点があるときは何でも相談に乗ってもらい解消できたので最後まで落ち着いた気持ちで受験に臨めたのではないかと思います。受験期は勉強に打ち込むあまり人との会話が減ったり憂鬱な気分になりがちですが、私はそのような時よく佐野先生とお喋りしていました。佐野先生は聡明な方で何気ないお話が受験時の面接や小論の際に役立ち感服したのを覚えています。

アイメディカでの4ヶ月余りを今振り返ってみるとあっという間でひたすら勉強していたように感じます。私はもともと人より勉強時間が少ない方で(それが2浪した原因でもありますが)マイペースに学ぶ方でしたが、隣で勉強する友人の粘り強さや先生方の真摯に教えてくださる態度に刺激されて、この4ヶ月間だけは必死で勉強し、食らいついたつもりです。実際に受験が終わるまでは本当に辛くて何度も泣きました。それでも晴れて医大生になって思い返してみるとあの時あきらめなくてよかった、頑張ってよかったと心から思えます。

最後になりましたが、昨年の秋覚悟を決めてアイメディカに入塾し本当によかったと思いますし、以前の私のように医学部受験に不安を抱えている受験生の方々にもお勧めしたいです。

受験に際して本当に多くの方々にお世話になりました。佐野先生をはじめとするアイメディカの先生方、いつも親切にしてくれたクラスメートの友人達、最後までそばで支えて励ましてくれた母に心から感謝します。本当にありがとうございました。

日本大学医学部に合格できたのは、ひとえにひたすらやり続けたからです

日本大学医学部・東海大学医学部・岩手医科大学合格のR.Nさん

私が日本大学医学部に合格できたのは、ひとえに佐野先生のおっしゃることをひたすらやり続けたからです。
私は高校卒業した時点で偏差値で言うとしていると数学は50そこそこ、生物・化学は50ないくらい、英語のみ70という酷い有様でした。
実際にアイメディカの力試しテストの結果を見て、温厚な数学の金田先生に一年で決めるのは難しいと言われたほどです。

しかし私は田舎の高校出身である意味無知だったので死ぬ気でやれは絶体受かると信じていました。

私は佐野先生に言われるがままに、平常授業とは別に早めに数学の個別授業を始めました。個別授業の中條先生は個人のためだけに毎回丁寧に問題選んでくださって、テキストをつくり、質問をすれば納得いくまで答えてくれます。

こちらの話をこんなに聞いてくれる数学の先生は他にありません。本当に信頼できる先生です。中條先生のおかげで合格できました

夏ごろから生物と化学の個別を徐々に始めました。生物を三宅先生に、単元ごとに苦手なところをつぶしてもらいました。たまたまですが、先に三宅先生にしっかりと教えてもらったところが日本大学出て、’よっしゃもらった’と思ったのを覚えています。
生物は先生によって教え方が違うことが多いのでこれと思った先生について行くことをおすすめします。そういった点は佐野先生に相談すれば解決が早いです。

化学は白井先生、私はこの先生のスーパーヒーローなみにに思ってます。化学ゼロのスタートでも、白井プリントをいちからこなせばバッチリです。白井先生は細かく復習する時間を与えてくれるので、自分一人でいっぱいなるということがなく、安心できます。
私のセンターの結果が98点だったところにも、白井先生のすごさが現れています。

また奇跡の日大医学部合格に関しては、金田先生による数学の直前個別授業が効いたなぁと感じます。他の大学の二次試験の間を縫っての授業でした。傾向が掴めたので、本番は焦ることなく問題に取り組めました。

個別のことばかり書きましたか、平常授業も夜間もこなさなければ合格はまずありませんでした。(注;1月17日までは双方実施しています。彼女のすごいのは試験の合間に個別授業で直前対策をがっちり実施したことです。)教えられたこと全て消化できたと決して思いませんが、とにかく食らいついてやりました。

そして心配のことは何でもとりあえず佐野先生にほりなげていました。
私はあまり納得してませんが、いろんな先生から精神力が強いと言われます。数多く受けて落ちて、それでも日大まで勉強し続けたから、その結果決まったと思います。当時はそんなの当たり前だと言う感じでした。心が折れたら負けていました。受験で大切なのはやり続ける根性だと、今は思います。

自分を支えてくれた家族や先生、一緒にアイメディカにいた友人にも感謝したいです。これまでお世話になり、本当にありがとうございました。

何となく自然に合格

聖マリアンナ医科大学・金沢大学医学部合格のJ.吉川さん

私の母校は中高一貫の全寮制の学校で、外部の全国模試などは受けたことがなかったので、自分の学力がどのくらいなのかということかわかっていませんでした。
学校内での成績は決して悪い方ではなかったので、なんとなくやっていればどこかしら医学部には合格するだろうと思っていました。しかし現役の時の現実は厳しいものでした。そこで今年一年で決めるという思いで、2013年度全員学部進学確定の実績を持つ医学部予備校アイメディカを選びました。

アイメディカでは午前から夕方まで授業があり、夕方からその日に習った単元の復習または応用をかねてプリントで先生と一緒に学習をしました。医学部予備校アイメディカの授業は素晴らしいものばかりで、授業が終わるたびに、数学、物理は自分の出来なさを痛感しました。

私はその素晴らしい授業を無駄にしたくなかったので、テキストの復習やRWT(先生とともに復習する演習授業)をがんばりました。
RWTは特に数学をがんばりました。問題を解いていて分からないところがあればその場ですぐに質問できるので、とても充実した時間となりました。あっという間の1年でしたか、今では良い思い出です私は、現役の時、聖マリアンナ医科大学の指定校推薦入試と一般入学試験ともに不合格となってしまったので、今年は絶対聖マリアンナ医科大学に合格するんだという思いで1年間努力してきました。その努力の成果が現れて合格し、進学することができました。また私の高校時代からの親友もアイメディカで一緒に頑張り、一緒に聖マリアンナ医科大学に合格できました。
アットホームな雰囲気のアイメディカだからこそ、その日やるべきことを楽しくやっているだけで、1年を乗り越え、第一希望の大学に進学できたと思っています。皆様本当にありがとうございました。

医学部受験について一から教わった。医師家庭ではない私にはとても心強かったです!

岩手医科大学・埼玉医科大学合格のSさん

私は高校3年の春から医学部予備校アイメディカの個別授業でお世話になりました。それまで全く手つかずだった物理を何とかしなければと思ったのがきっかけです。
小島先生には物理を基礎から丁寧に教えていただきました。学校や他の塾との兼ね合いでなかなか間が取れませんでしたが、こちらの都合に可能な限り合わせていただけたのは有り難かったです。
アイメディカの個別授業は自分の弱点にポイントを絞った指導をしていただけるので、時間的に制約の多い現役生にとってはとても効率的な学習方法だと思いました。
冬休みからは全ての教科をアイメディカで学習しました。直前講習や合宿では受験校に絞った学習ができました。特に化学は最後のこの時期に伸びたと感じています。朝海先生からいただいたプリントは復習がしやすく、力がついていく実感がありました。
また、出願書類の準備や面接対策では佐野先生にお世話になりました。
医学部受験について一から教えてくださったので、医師家庭ではない私にはとても心強かったです。
1年前の時点では現役進学に不安がありましたが、最後まで先生方が細やかに指導してくださったおかげで、4月から医学部生としてスタートすることができました。
アイメディカには本当に感謝しています。これから大学でしっかりと学んで、多くの人々の役に立てるよう努力していきたいと思います。

◆チューター部からのメッセージ◆

医学部入試は私のときもそうでしたが、今ではさらに難化しているように思えます。40倍など驚異的です。入りやすい医学部など皆無です。そんな中で、今春合格を勝ち取ったaimedicaの生徒は非常によく勉強したと思います。また安定していました。精神的にブレルことがなかったです。

合格者に共通していることは自分のペースをしっかり守ったことだと思われます。毎日朝から授業に出て、授業後は単語テストと夜間授業で演習…この単調のように見える生活の繰り返しが結果的に医学部合格という最高の結末をもたらしたと思います。これは私の時代も同じでした。

合格者のみなさん!<君たちの本当の勝負はここからです!!医学部出の勉強には覚えることが山積みで倒れそうになるときもあるでしょう!!!しかし、医学部を目指すと決めたあの日を忘れずに頑張ってください!!!!改めて合格おめでとうございます!!!!!受験生のみなさん!さぁ、次は君の番です!!医学部受験予備校aimedica(アイメディカ)は本気で医療人になることを目指すあなたのご来校を心からお待ちしております!!

「2013年度 学生の声(合格体験記)」へ

お申し込み・お問い合わせフォーム